2019/02/24

まもなく開幕! MWC 2019に世界のテックインフルエンサーが期待することは?

タグ :

HuaWaveはファーウェイ・ジャパンが運営するデジタルオウンドメディアです。「つながる、つなげる Connected Media」をコンセプトに、人と人、人とテクノロジー、人と社会をconnectする多彩なコンテンツをお届けします。

BY Gary Maidment from HUAWEI BLOG

まもなくスペイン・バルセロナで幕を開けるMWC(Mobile World Congress)2019。業界のインフルエンサーの方々に、今年のMWCへの期待をお聞きしました。キーワードは、#5GisOn !

エリーズ・ケベード(Elise Quevedo)

著述家、デジタルトランスフォーメーションストラテジスト
Twitter:@EliseQuevedo

「MWC 2019はとにかく最新技術が集まる場所、コラボレーションと成功につながるパートナーシップが生まれる場所」

ウィル・タウンゼンド(Will Townsend)

ムーアインサイト&ストラテジー シニアアナリスト(ネットワークインフラ分野)
Twitter: @WillTownTech

mwc_kol_image01
「2019年は5Gの年になります。MWCでどんなデバイス、インフラ、ユースケースが見られるのか、楽しみにしています」

アーノルド・アラネズ(Arnold Aranez)

Cendol(マレーシアを拠点とするインシュアテック・スタートアップ)共同創設者
Twitter: @mr_gadget

mwc_kol_image02
「最新の折れ曲がるデバイスをこの目で見るのが楽しみです。もちろん、ファーウェイの5Gロードマップについてももっと知りたいですね」

グレン・ギルモア(Glen Gilmore)

ラトガース大学 教員
Twitter: @GlenGilmore

mwc_kol_image03
「5Gのリーダーシップをめぐる競争が盛り上がるなか、モバイルテクノロジーがグローバルに試される場であるMWCに臨むファーウェイは、通信機器世界最大手としてすでにアジア・欧州で30以上の通信事業者と5Gにおけるパートナーシップを構築しています。アップルを上回る研究開発費を投入し、5Gを誰もが使えるものにするためのソリューションで先進的な特許技術を有するファーウェイ。MWCではファーウェイがそのリーダーシップをどう発揮してくれるか、誰もが注目しています」

ジム・ハリス(Jim Harris)

経営コンサルタント、著述家、『i3』誌(全米家電協会発行)コラムニスト
Twitter: @JimHarris

mwc_kol_image04
「MWC 2019で最もエキサイティングなのは、我々が今5G革命の幕開けを迎えていることです。アナリストによって数値は異なるものの、5G端末の販売台数は2019年には200~400万台ほどにすぎませんが、2025年までには15億台に達すると言われています。そうなれば、スマートフォンと通信事業者のエコシステムは完全に活気を取り戻し、数十億のIoTデバイスが使われるようになり、自動運転車の実現も進むでしょう。5Gはまったく新しいビジネスモデルも可能にします。変化に遅れをとる企業にとっては破壊的な結果となりますが、イノベーティブな企業やスタートアップにはこれまでにないチャンスが訪れるのです」

サリー・イーヴス(Sally Eaves)

Aspirational Futures社 CEO、創設者
Twitter: @sallyeaves

mwc_kol_image05
「MWC 2019では、5Gが概念や議論の段階から実体のある技術としてダイナミックに現実世界に展開を始めた進歩を知ることができるのでワクワクしています。エッジコンピューティングにも関心がありますね。具体的な技術発展のほかにも、モバイルやインフラの技術がどんなビジネスアプリケーションや社会へのインパクトをもたらすか、デジタルインクルージョンの推進にどうつながるかをじっくり見たいと思います。国別のパビリオン、活気ある対話、世界のスタートアップ最前線などももちろん楽しみです。私自身の見解を積極的に共有したいと思います」

HuaWaveでは会期中、MWC 2019の模様をさまざまな形でお伝えしてまいります。どうぞお楽しみに!

タグ :

HuaWaveの新着記事をメールでご案内します。ご希望の方はこちらからご登録ください。

RECOMMENDED