2019/05/13

真のデジタルインクルージョンに向けて 世界に広がるファーウェイのICT人材育成の取り組み

HuaWaveはファーウェイ・ジャパンが運営するデジタルオウンドメディアです。「つながる、つなげる Connected Media」をコンセプトに、人と人、人とテクノロジー、人と社会をconnectする多彩なコンテンツをお届けします。

© weerapat1003 - stock.adobe.com

By Holy Ranaivozanany from HUAWEI BLOG

ICTは進歩を続けると同時に、世界的な人材不足という課題にも直面しています。とりわけ、データサイエンス、AI、サイバーセキュリティ、ネットワークインフラといった分野は、優れた人材の確保がますます難しくなってきています。ファーウェイは世界各地でICTへの関心を育み、次世代を担う人材を生み出すためのさまざまな取り組みを行っています。

オーストラリア 原住民の若者たちの教育支援

ICT Talent_image01

ファーウェイは2015年から、オーストラリアのクロンターフ財団(Clontarf Foundation)とのパートナーシップを通じ、原住民の若者たちの教育を支援しています。これまでに総額25万米ドル(約2,750万円)相当の貢献をしてきました。

財団で教育を受けた若者たちが中国を訪れ、ファーウェイのR&Dセンターや工場、展示を見学するといった交流を行っているほか、財団の運営を支援するため、最新のスマートフォンやWi-Fi機器、ビデオ会議システムなども提供しています。

ウズベキスタン ロボキッズエデュケーションへの支援

ICT Talent_image02

ファーウェイ・ウズベキスタンは若い世代のSTEM教育の支援を重視しています。ロボキッズエデュケーション(Robokidz Education)と協業し、ロボティクスやIT分野の人材育成をサポートしています。

ロボキッズは、子どもたちが物理学、統計学、運動学の基礎を学ぶことで、論理的・システム的思考など将来に役立つスキルを身に着けられるよう支援しています。

ウクライナ Trip of Loveプログラムの実施

ICT Talent_image03

2016年から実施しているTrip of Loveプログラムでは、ウクライナで社会的に困窮している人たちにデジタル技術へのアクセスを提供しています。ファーウェイ・ウクライナの社員が毎年モスティシュチェ特別中等寄宿学校を訪れて子どもたちと交流するほか、ファーウェイのタブレットや、テレビ、運動器具、キッチン用品、おもちゃなどを寄贈しています。

このほかウクライナでは、キエフの高齢者施設の建て替えを支援。また、2018年にはフェオファニヤの病院にWi-Fi機器を寄贈し、患者さんのインターネットアクセスと医師たちの遠隔診断の手段を提供しました。

クウェート ICTコンペティション

ICT Talent_image04

クウェートでは2017年から、ACK(Australian College of Kuwait)、AUK(American University of Kuwait)、クウェート大学においてファーウェイICTコンペティションを実施しています。初年度は120名の学生が参加してICTスキルを競い、決勝大会へ進んだ18名のうち3名が深センで開催された世界大会に出場しました。

このイベントは各大学のほか、クウェート直接投資促進庁(KDIPA)、クウェート国立中小企業発展基金とのパートナーシップのもとで実施しています。

韓国 ICT奨学金・女子学生向けプログラミングコンテスト

ICT Talent_image05

2014年以来、韓国奨学財団(KOSAF)とのパートナーシップによって、経済的援助を必要とするICT専攻の優秀な60名の学生に40万米ドル(約4,400万円)相当の奨学金を支給してきました。

ICT Talent_image06

また、女子学生のプログラミング・ICTへの関心を高めるため、梨花女子大学で3年にわたって国立高等学校の女子学生を対象としたプログラミングコンテストを実施。これまでに300名の女子学生が参加し、優勝者には奨学金を支給しています。

HuaWaveの新着記事をメールでご案内します。ご希望の方はこちらからご登録ください。

RECOMMENDED


RELATED

MOST POPULAR