2019/04/03

【イベント出展情報】
ファーウェイ・ジャパン、第3回AI・人工知能EXPOに出展 インテリジェント化の実現を支えるAI向けハードウェアプラットフォームを展示

HuaWaveはファーウェイ・ジャパンが運営するデジタルオウンドメディアです。「つながる、つなげる Connected Media」をコンセプトに、人と人、人とテクノロジー、人と社会をconnectする多彩なコンテンツをお届けします。

イベント出展は終了しました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

4月3日(水)~5日(金)、東京ビッグサイトで開催中の第3回AI・人工知能EXPOに、ファーウェイは今年初めてブースを出展しています。

あらゆる分野でAI活用が進むなか、年々規模を拡大している同イベント。今年は250社が出展し、初日から大勢の来場者でにぎわっています。

ソリューションやアプリケーションの展示が中心の会場内で、ファーウェイはインテリジェント化の実現を支えるAI向けハードウェアプラットフォームにフォーカスし、幅広い製品ポートフォリオを紹介。「Ubiquitous Connectivity」「Pervasive Intelligence Computing」「Enabling Digital Platform」と題した3つのコーナーで、AIチップ『Ascend』シリーズを搭載したデータセンタースイッチ 『CloudEngine 16800』『Atlas』インテリジェントコンピューティングプラットフォーム、ARMベースのCPU『Kunpeng』を搭載したサーバー『Taishan』などを展示するほか、ブース内ミニステージで製品紹介プレゼンテーションも行っています。

aiexpo_image02

『CloudEngine 16800』、『Taishan』、『Atlas』インテリジェントコンピューティングプラットフォームについて、ブース内で説明員を務めていたファーウェイ・ジャパン法人ビジネス事業本部の社員に解説してもらいました。


第3回AI・人工知能EXPOは4/5(金)まで東京ビッグサイト(青海展示棟)にて開催しています。5(金)にはアリババクラウドとアイフライテックのスピーカーによる「中国のAIビジネス最前線」と題した講演も予定されており、要注目です。会場にお越しの際には、ぜひファーウェイ・ジャパンのブースにお立ち寄りください!

HuaWaveの新着記事をメールでご案内します。ご希望の方はこちらからご登録ください。

RECOMMENDED


RELATED

MOST POPULAR